しみ取り

シミ、ソバカスを抑える

シミでお困りの女性にちょうどの飲み物は体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。同じくビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)が豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミ、ソバカスを抑え、くすみのない肌になります。

老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若い肌を取り戻すのにもいいですね。乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多くふくむ食品です。乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役割を果たしています。

さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大事な作用があります。このような働きがシミ・くすみ対策と美白に効果を果たしています。

ですから、ヨーグルトはシミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。年々深まっていく、肌のしわが真剣に気になるようになりました。その中でも一番困りものなのは目尻の笑じわでしょうか。目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、保湿を何より重視するよう常に考えているのです。肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)の悩みといえば、シミが多いことです。

加齢や直射日光を浴びたりすることで色素の沈着が生じることが要因となり、肌のシミが実際の年齢以上に年上の印象を持たせています。

顔にできてしまうのはひどく気になってしまうものですが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能といえますし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。メイク直し、外出先のショーウインドー。

女性が自分を見る機会は多いものです。そこでふと、バッドな状態に気づいたら、食生活を工夫してみることも大事です。肌に良くない食べ物を摂らないように注意していると、代謝が改善され肌質に変化が出てきます。

しみやしわを目たたなくする効果も期待でいます。ご飯を変える効果は絶大です。これから口に入れる食べ物のひとつひとつが肌を創ると考えると理解しやすいでしょう。3食全ては無理でも、少しずつ肌や体に良いものを取り入れていきましょう。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通じて体内でできた物質を代謝・分解することにより有害な物質を無害にしているのです。

肝臓での解毒が十分でないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。

過剰なストレスを肝臓に与えないことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくための隠れた必須条件です。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために大事な役割を果たしてくれます。けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘類に多くふくまれるソラレンという成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、お肌のためには逆効果になってしまいます。

お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べましょう。顔にできるシワやくすみの要因の中で最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。肌の健康は脂肪と水のバランスで保たれていますが、乾燥すると脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため乾燥の影響が表れやすく、どこよりも先に年齢を感じやすいですからす。

若いころに比べるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみが増えやすいので、早めに対策したほうが良いですよ。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。

私は40歳より少し前だと思います。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が目立ってくるからでしょう。

若いときなら疲労が顔に出ていても、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。

でも、アラフォーになると回復スピードが落ちるんです。

いえ、回復能力自体が落ちているのでしょう。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。肌の老化によってできてしまったシミやソバカスを極力薄くしたいと思い、美肌に良いといわれるビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)誘導体が配合された美容液を使い初めました。顔を洗って余分なメイクや汚れを落とした後、清潔な指先に美容液をとり、気になる部分に、トントンとなじませていきます。

およそ一ヶ月つづけてみるとコンプレックスだったシミが少し薄くなってきたのがわかって、前むきな気持ちになりました。

しみ取り

若いからまだ大丈夫

シミなどの色素沈着が生まれつきあって、気にしている方をよく見かけます。

子供のころに、治ることはないと診断を受けたかもしれませんが、最新の医療を受ければ、全く跡が残らないとは言えなくても、シミやアザ等を薄くすることが可能になっています。もし、シミやアザ、紫斑などをずっと気にしているのなら、皮膚科でカウンセリングだけでも受けてみてください。それに、シミ、アザをどのように消したのかという体験談を参考にしてください。実際、オキシドールで肌のしみ取りをするという話を聞いたことがあるのですが、傷口を消毒するためのオキシドールです。

健康なはずの傷のない肌に用いるのは大きな負担を持たらすのではないだといえますか?オキシドールを用いて髪の毛のブリーチをした人も多いと想定されますが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。とても肌には使えません。よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せずスキンケアを全くしないで、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないだといえますか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。肌にシワができる原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が肌にとって大きな問題なのです。という所以で、シワとは無縁の健康的な肌を保ちつづけようとするなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるだといえます。

喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。肌がなめらかでいられるのは、皮膚の毛細血管のはたらきが良いからです。しかし喫煙により毛細血管が収縮すると肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。

表皮の保護機能が低下し、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。その結果、肌の衰えが顕著になると、最初は小さなシワでも、一度出ると急速に広がってしまうだといえます。美肌をもとめるなら喫煙はやめるようにしましょう。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、肌が薄くなることがわかっています。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミもできにくい肌になります。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌全体にに水分と油分が最適のバランスでキープされており、きめ細かい肌になっています。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、メラニン色素が増えにくくなり、シミも予防できます。日頃から保湿ケアを欠かさず、乾燥しないように気をつけなければなりません。

濃いシミが肌にあって目たつので取り除きたい。そんな時に効果があるのは、レーザー治療やメディカルピーリングなど、皮膚科や形成外科での治療だといえます。

これらの治療のいい点は効き目がすぐに確認でき、時間をかけずにシミをなくすことが可能なことですね。

シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにあるシミ対策に有効な治療薬を使用するか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された美白化粧品などがシミケアには有効です。

加齢に伴ってシミができてしまったり、紫外線が大きく関係してできてしまうこともあるでしょうが、いろいろな病気が原因として考えられることもあるだといえます。万が一、突然目に見えてシミが増えたようであれば、疾患が起る前であったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、なるべく早めに医師に相談し、診断を仰いでください。シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。レモンの数十倍というビタミンCを含んでいて、内側からメラニン色素ができないようにして、色々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、紫外線のダメージから救ってくれて、くすみのない肌になります。老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若い肌を取り戻すのにもいいですね。煎茶や玉露などの緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

お肌のターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのことです)を盛んにし、白いお肌を保つためにはビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でカテキンとビタミンCを供に摂っていくことで、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを抑制する効果があります。